2007年11月03日

思い出の曲


こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@梅小路で汽車に乗りました です。

先日、テレビを見ていると
懐かしい曲がかかっていました。

私の一番多感な頃に影響を受けた曲です。

で、最近はこんなになったのですね。

オヤジバンドですね。
http://jp.youtube.com/watch?v=eH8MTbbFoKo

ちなみにこっちの曲もかっこいいです。
http://jp.youtube.com/watch?v=xuD746QqPp4

オリジナルメンバーの
故ジェフ・ポーカロさんの姿もみれます。
posted by ka2youkey(かつゆき) at 22:21| Comment(44) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

気になる言葉

おはようございます。

ka2youkey(かつゆき)@さえない天気です です。

今日は気になった言葉を書きます。

もし、感謝する時間を今作らなかったら、
後でたっぷり落ち込むことになる。

マット・フューリーさんの言葉です。

とても、深い言葉ですよね。

私も

今、感謝

この2つの言葉を特に留意して
毎日を過ごしたいと思います。


posted by ka2youkey(かつゆき) at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

Googleの新ネタ

こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@相変わらず暖かいですね

Googleは、自社ブランドでSNSを発表するみたいですね。
Googleは今でもorkutってSNSを所有しているのですがね。

SNSが珍しい、特別なもの
って言う事はまったくないのですが、

なぜ、SNSなのか、と思う訳です。

そういえば、マイクロソフトもSNSに参入するみたいですし。

結局、ユーザーの属性を固定する事で
サービスと広告の確度を高くすることが大きな目的なのでしょうか。

あと、ネット上での匿名性も下がりますしね。

以前にも日記に書きました、スパムメールなんて
匿名だからこそ出来る、良識の無い行為ですからね。

ネット会の巨人だからこそ、とりくめるネット社会の治安向上の
一環なのかもしれません。

posted by ka2youkey(かつゆき) at 22:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

無くなるかもしれません・・・

こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@すこし眠い です。

最近、多いですよね。

何が、ってあれですよ。

企業の不祥事。

英会話に食料品とか。

で、こんな結果には原因があると思うのです。
当たり前ですが結果には必ず原因があります。

原因はひとつでは無いと思うのですが・・・。

でも、短期的な数字を過剰に意識した結果、
大切なものをなくしたのかな、と思うのです。

今の様子じゃ、消費者不在の市場ですよね。

良いもの(サービス)を提供するのでは無く、
あるものを売っている感じです。

このままでは完全には無くならないでしょうが、
市場が無くなってしまったも同様になるかも知れません。

消費者をだますのは
企業自らが必要とする市場を
自ら小さくしているのですよね・・・。

今のアフェリエイト商材も
これに近いものもありますよね。

インフォプレナーさんも
アフェリエイターさんにも
良い意味で教訓になれば

そう思います。
posted by ka2youkey(かつゆき) at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

こんな時期になりましたね

こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@また雨ですね です。

この前、少しクリスマスのお話を書きましたが、
今日は来年の手帳を買いました。
やはり、暖かくても年末が近づいてきているのですね。

普通、こんな時期であれば、特にデパートであれば
人が多いハズ。

しかし、しかしですね、めっきり人が少ないのですよ。

場所柄でしょうかね。

確かに上本町の近鉄は空いている気もするのですが。

それとも、アマゾンなんかの通信販売で買うのでしょうか?

通信販売は確かに便利で、私も良く利用しているのですけど。

でも、手帳は1年を通してお付き合いする物ですからね。
しっかり手にとってから選んでみたい、そう思うのです。

私は筆不精な人間なのですが、
それでも手帳に書こうとする事、書いてきた事で
1年間が決まってしまうように思うのです。

明確な理由はありませんが・・・。
posted by ka2youkey(かつゆき) at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ちょっと、それはないでしょ

こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@今日は暖かいですね です。

昨日は息子の保育園の子供まつり。

テント設営要員&バザーお手伝い要員でした。

そんな子供まつり、11時に開会式も終わり
しばらくした時に・・・・。

なんと、バザーで販売するはずの
急須が箱から取り出され、
無断で持って行かれるのです。
それも、急須の蓋を残したまま・・・。

後姿だけですので、断定しかねますが
その方は朝、うるさいとクレームを
おっしゃられた方みたいです。

せっかくの子供まつり
こんな大人の姿だけは見せたくなかった。

妙に疲れ果ててしまいました。
posted by ka2youkey(かつゆき) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

良く聞く音楽

こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@今日もセミナーでした です。

お休み前ムードなので音楽のお話でも。

私が変なのか(よく言われます)

疲れているときにはこんなのを聞きます。
http://jp.youtube.com/watch?v=KhIr0gb6bpY

そして、仕事の調子が良いときはこんなの。
http://jp.youtube.com/watch?v=MtpF8_P4AjU

やっぱりおかしいでしょうか?

posted by ka2youkey(かつゆき) at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

クリスマスが近づいてきました

こんばんわ。

ka2youkey(かつゆき)@湿度が高く不快 です。

もうすぐ11月です。

クリスマスも近づいているな〜と思いつつ、
私が営業時代に行き詰ったら読むお話がありますので
シェアさせてください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
一昨年のクリスマスの日の出来事です。不思議な体験をしました。
エピソードとして話をしたいと思います。
うちには6才の双子の男の子がいます。当時、彼等は4才で幼稚園の年中でした。
我が家ではクリスマスイヴの夜に、彼等が寝静まった枕もとにおもちゃを置いて、次の日の朝、彼等が目を覚まして、おもちゃを見つけて「わ、サンタが来た」と、おもちゃで遊ぶ事を年中行事にしていました。
その年もまた、同じように、彼等の枕もとにおもちゃを置きました。寝静まってから。次の朝、起きてから「わ、サンタが来た」と、いつもと同じ光景が起こると思っていました。そう信じていました。弟に買った、おもちゃは、ヒーロー戦隊ものの、ロボットでした。これは良かったんですが、兄に買ったおもちゃが、子供用のコンピューターでした。
そのコンピューターの電源を入れた時に、事件が起こりました。
電源を幾ら入れてもつかないんですね。壊れていたんです。お昼になるのを待って、買ったおもちゃ屋さんに、うちの妻が、電話を入れました。
責任者の方が出てこられて、こんな対応をされました。
「あー故障ですか。それは申し訳ないですねー。でもね、それは作ったメーカー側の責任なんです。メーカーのお客様相談室に電話をしてください。電話番号言いますんで」と。
少しね「んんー」と思いながらも、おもちゃメーカーに電話をしたんです。 クリスマスの日に、おもちゃメーカーに電話してみると分かりますが、繋がらないんですよね。一時間に4回くらいの割合で、夕方位までかけたんです。タイミングも悪かったとも思うんですが・・・。けれども、その日はとうとう繋がらなかったんです。昼をすぎた頃、兄は泣き始めました。弟は新しいおもちゃで遊んでる、自分は新しいおもちゃで遊べない。
泣く気持ちも分かるんだけど、その、泣く兄を見て、妻は 「あんた、ちょっとくらい我慢しなさいよ」と。これはサンタさんからのプレゼントだから、 「俺らが我慢しろよってのもおかしいだろ」と取り乱す一幕もあったんですが。しびれをきらして、夕方4時を回って、もう一度買ったおもちゃ屋さんに電話をしました。同じ人が出てきて、同じ対応をされました。そこで、僕はちょっと腹が立つのをこらえて、僕は電話を変わりました。そうしてこう言いました。
「クリスマスの日、お忙しいのに、故障の電話なんかして申し訳ありません。もう修理は結構です。もういいんです。今電話を変わったのは、一つだけ、お伝えしたい事があったんです」
「はあ?」、相手の人は、警戒心を強められました。
「何、言うんだろうな電話を変わってまで」と思ったんでしょう。
僕はかまわず、こう言いました。
「僕がそちらのお店で買ったもの、それはなんだか解りますか?僕が買ったものは、本当はいるはずのない、サンタクロースが、子供の心の中だけにはいますよね。彼等はイヴの夜、サンタに会おうと、夜更かしをするんです、一時間経っても二時間経っても現れる様子はないんです。そして睡魔には勝てず、寝てしまいます。次の朝には、枕もとにはおもちゃが置かれている。そのおもちゃを見て、「あー、サンタは本当にいたんだ」そう思って、心踊らされて、遊ぶ。その夢と子供たちの感動に、僕はお金を払ったんです。僕がそちらのお店で買ったもの、それはおもちゃでは無いんですよ。その夢と感動です。だからこのクリスマスイヴに、このおもちゃで遊べる事が、どれ程大切か、と言う事をそれだけは理解して頂きたいと思うんです。また、余裕がある時に修理の方をお願いします」
そう言いました。そして電話を切ろうとした瞬間。何が起こったと思いますか?その人は、しばらく黙っていました。その後こう言われました。
「お客様、時間をいただけますか。」 
今度は僕がびっくりしました。
「お客様がお買いになった子供用のコンピューター。超人気商品で、この店には在庫はございません」
それを聞いてね、調べてくれたんだなぁと思って、胸が「ぐっ」となりました。
「でも支店を探してみれば、一つくらいあるかも知れません。もしあれば、今日中に届けさせていただきたいと思います。ちょっと時間をいただけますか」
僕は、「えっ、本当ですか?本当にあれば子供は凄く喜びます。お願いします」っていって電話を切りました。
電話を切った後、僕の胸は、期待に張り裂けんばかりに「頼む。あってくれよ」そして心待ちにしてピンポンが鳴るのを待ちました。夜の8時になっても、誰も来る気配はありません。子供達は、すっかり寝支度ができて、そして彼等は布団の中に入りました。「間に合わなかったな。なかったんだな。今年のクリスマスはがっかりだなと。でもこんな時もあるよな」と諦めていた、その時です。9時頃です。「ピンポン」なりました。
「よし、来た」小さくガッツポーズをしながらも、僕は何食わぬ顔で子供達を部屋に残し玄関に行きました。ドアを開け、そしたら、その人がコンピューターを抱えて立っていました。
サンタクロースの服を着て。
僕は驚きました。「えっ、サンタ?思わず言いました」
そして、その人は言いました。
「サンタクロースです。お子さんをお呼び下さい」
僕は、漠然とスーツ姿の人を、想像していました。スーツ姿で、代わりのコンピューターを持ってくる、そう思っていました。でも、僕の前に立っていたのはサンタでした。僕は興奮して、子供達を呼びに行きました。
「早く降りておいで」子供達は、何事かと、どたどた階段を下りてきました。そして、その人の姿を見た瞬間「サンター。サンタだ」驚きながらも、次の瞬間には「ぴょんぴょん」していました。そして、その人がしゃがんで、子供達の目線に合わせてね、こう言いました
「ごめんね、サンタのおじさん忙しくてね、壊れたおもちゃを持ってきてしまったんだ。ごめんね。はい、これはちゃんと動くからね」
「お利口にしていたら、来年もまた来るからね」
そう言って、頭を撫でてくれました。 僕は、子供達を部屋に戻して、その人にお礼を言いました。
「ありがとうございました。本当に子供の夢をつないでくれました。サンタにまでなっていただいて、本当にありがとうございました」
その人はこう言いました。
「私たちが売っている物はおもちゃではないんです、夢と感動なんです。忙しさにかまけて、大切な物を忘れていました。それを教えてくれて、ありがとうございます」と
「とんでもないです。こちらこそ本当にありがとうございます。こんなことをしていただけるなんて、これから僕は 一生あなたの店からおもちゃを買います。いい社員さんがいる会社ですねー」
その人は泣かれました。僕も思わず泣いてしまいました。
その夜はとても不思議な気分でした。眠れませんでした。眠らなくてもいい、そう思いました。「なぜ、あの人はサンタの服できたんだろう。そう考えるとズーっと思いがよぎりました。いきついた言葉、それは感動でした。僕はそれ以来、そこのおもちゃ屋、ト○ザラスで必ずおもちゃを買っています。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

これは、私があこがれる吉江 勝さんの
メルマガの記事にあったお話です。


これを読んで感動する気持ち、ずっと忘れずに持ち続けたい
そんなふうに思っています。

抜粋しましたメルマガは
超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法 248号
http://blog.mag2.com/m/log/0000112762/108299745.html
です。
ラベル:クリスマス
posted by ka2youkey(かつゆき) at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

夜のタクシー

こんにちわ。

ka2youkey(かつゆき)@今晩は京都にいきます です。

昨日、帰宅しようと22時頃歩いていたのですが
家の近所のタクシーの多さに驚きました。

それで、タクシーが二重駐車をしているわけです。
それも、交差点で!!

曲がってくる車の迷惑やん
渋滞の原因になるやん

とか思いつつ
はて、これって

自分だけ儲ければ良い

そんな姿かなとも思いました。

そう考えると複雑な気持ちになりますね。

もっとまわりを見なければ、
誰かがそう教えてくれたように思いました。
posted by ka2youkey(かつゆき) at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

生死をかけて得るもの

こんにちわ。

ka2youkey(かつゆき)@今日もセミナーです。

突然ですが

「堂入り」ってご存知でしょうか。

実は私は最近まで詳しく知りませんでした。
(修行の一環でしょ、程度の認識・・・恥ずかしい)

以下はお堂入の説明です。
ご存知の方には失礼致します。
――――――――――――――――――――――――――――― 
お堂入は生死をかける非常に過酷な修行です。

修行中は介添え役や、一緒に線香をあげたり読経する20人以上の
僧侶などが一緒にいるため睡眠は不可能なのですね。

それも9日間!

そして、もし行半ばで挫折すれば自ら生命を絶つ掟があり
まわりの方も、”脱落はあり得ない”というほどの厳しさ。

そんな厳しい修行のためか、達成した行者は6年ぶりで戦後12人目。
心身ともに限界に達し、体重も15キロ近く減るそうです。
―――――――――――――――――――――――――――――

極限状態にまで達したときに
得られる(悟る)ものってなんでしょう?

私は経験が無いために、想像ですが
自分への自信なのかなと思いますが、
ここまで仕事に趣味に集中する気持ちが大切かな

そんなに思いました。
posted by ka2youkey(かつゆき) at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。